体験はこちらから 090-3271-3633
ダイエットやボディメイクについてのブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. diet
  4. 筋肉痛はなぜ起こるの? メカニズムと予防法
トレーニングをして腹筋が割れている男性

筋肉痛はなぜ起こるの? メカニズムと予防法

こんにちは!
堺市堺区のパーソナルジムSAKURAのブログにようこそ!
今回はトレーニングと筋肉痛についてお話ししています。
是非最後まで読んでコメントお願いします!

筋肉痛とは

トレーニングをする男性

トレーニングや運動をした後、筋肉痛に襲われることはよくありませんか?
筋肉痛は、通常、運動や身体活動の後に起こる一般的な症状です。主に以下の2つのタイプに分けられます。

・急性筋肉痛: 新しい運動や活動を行った後に筋肉が緊張して痛む状態です。これは主に筋肉の未使用部位を使用したり、運動強度を急に増やしたりした際に起こります。通常、24〜72時間程度で自然に治まることが多いです。

・遅発性筋肉痛(DOMS: Delayed Onset Muscle Soreness): 新しい運動や高強度の活動を行った後、特に24〜72時間後に筋肉痛や違和感が現れる状態です。DOMSは、主に筋肉の線維が微小なダメージを受けたり、炎症が起きたりすることによって引き起こされるとされています。これには主に抗酸化物質や炎症を抑える成分の摂取、休息、軽い運動などが対処法として一般的です。

筋肉痛が起こる原因

筋肉痛が起こる主な原因は、運動や身体活動による筋肉の負荷や緊張です。以下に筋肉痛が起こる主な原因を詳しく説明します。

運動や活動への適応不足: 新しい運動や活動を行う際、その筋肉群がその動きに適応していない場合、筋肉に微小なダメージが生じることがあります。この適応不足が筋肉痛の主な原因となります。

高強度の運動: 高強度の運動や筋トレは、筋肉に大きなストレスをかけるため、筋肉痛が起こる可能性が高まります。

新しい運動の開始: 新しい運動や活動を始める際、その動きに慣れていないため、筋肉が緊張して痛むことがあります。

運動の種類: 運動の種類によっても筋肉痛の感じ方や発生メカニズムが異なります。例えば、エクセントリック運動(筋肉が伸びる運動)は、通常コントラクト運動(筋肉が縮む運動)よりも筋肉痛を引き起こしやすいです。

筋肉の未使用部位の使用: ある筋肉群をほとんど使用しない日常生活の中で、それを突然使う場合、その筋肉にストレスがかかり筋肉痛が生じることがあります。

DOMS(遅発性筋肉痛): 前述の通り、DOMSは新しい運動や高強度の運動によって、筋肉線維の微小なダメージと炎症が関与して起こるものです。

炎症反応: 運動や活動によって、筋肉が微小なダメージを受けると、炎症反応が生じます。この炎症が筋肉痛と関連していると考えられています。
総じて、筋肉痛は筋肉が新しい状況に適応する過程や、筋肉が負荷や緊張に対して反応する過程で生じるものです。程度や持続時間は個人差がありますが、一般的には数日から1週間程度で自然に治まることが多いです。

筋肉痛は予防できる?

結論から言うと、筋肉痛を完全に予防することは難しいですが、いくつかの方法を通じて発生を軽減したり、その影響を和らげることは可能です。以下に、筋肉痛を予防するための方法をいくつか紹介します。

適切なウォームアップとクールダウン: 運動前に十分なウォームアップを行い、筋肉を準備することが大切です。適切なストレッチや軽い有酸素運動を行いましょう。また、運動後にもクールダウンとして軽いストレッチを行うことで、筋肉の緊張を緩和できます。

適切な運動強度と増加: 新しい運動を始める場合は、適切な強度から始め、徐々に負荷を増やしていくことが大切です。急激な負荷の増加は筋肉痛を引き起こしやすいです。

筋肉のバランスを保つ: 筋肉のバランスを保つために、全身の筋肉を均等にトレーニングすることが重要です。特定の筋肉を過剰に鍛えると、他の筋肉への負担が増えて筋肉痛のリスクが高まります。

定期的な運動: 筋肉に定期的な運動を取り入れることで、筋肉が適応しやすくなり、新しい運動による痛みや炎症のリスクが低くなる可能性があります。

適切な栄養と水分摂取: 適切な栄養を摂取することで、筋肉の修復や成長が支援され、筋肉痛の回復が早くなる可能性があります。また、十分な水分摂取も筋肉の健康を保つのに重要です。

適切な休息と睡眠: 筋肉痛を軽減するためには、十分な休息と質の良い睡眠を確保することが重要です。筋肉は休息中に修復されるため、十分な休息は筋肉の健康に寄与します。

アクティブリカバリー: 軽い運動やストレッチを用いたアクティブリカバリーは、筋肉の血流を促進し、疲労物質の排出を支援する助けになることがあります。

予習と計画: 新しい運動を始める前に、その動きや負荷について事前に学習し、計画的に取り組むことで、筋肉痛のリスクを減少させることができます。

重要なのは、急激な変化や無理な運動を避け、運動や身体活動を適切に管理することです。

筋肉痛は予防できる?

トレーニングを続けていくと、最初の頃ほど激しい筋肉痛が現れなくなることがあります。これはいくつかの理由が考えられます。

適応: 筋肉はトレーニングに徐々に適応していきます。初めて行ったり、新しい種目を取り入れたりすると、筋肉に微細なダメージが生じて筋肉痛が起こります。しかし、継続的なトレーニングにより筋肉はこの負荷に適応し、ダメージを修復する能力が向上します。

トレーニングの進化: 初めてトレーニングを始めるときは、筋肉に刺激を与えるために新しい動きや種目を行うことが多いです。しかし、トレーニングが進むにつれて、体はその動きに慣れてくるため、同じ刺激が同じ程度の筋肉痛を引き起こさなくなることがあります。

ウォームアップとクールダウン: 適切なウォームアップやクールダウンを行うことで、筋肉痛の発生を軽減することができます。十分な準備と体の冷却は、筋肉のストレスや負担を軽減し、筋肉痛を緩和するのに役立ちます。

運動習慣の確立: トレーニングが習慣化されるにつれて、体がより効率的にエネルギーを使い、筋肉を効果的に動かすようになるため、初期段階ほどの過度な筋肉痛が減少することがあります。
ただし、筋肉痛が完全になくなるわけではありません。新しい種目や強度の変更など、新たな刺激を与える場合には筋肉痛が再び現れることがあります。筋肉痛の有無はトレーニングの進行や変化によって変動するものであり、必ずしもトレーニングの成果や効果の指標とはなりません。無理なく適切なトレーニングを続けて、体に合った健康的な進化を目指すことが大切です。

ストレッチは筋肉痛の予防になるのか

前屈をする女性
ストレッチは一般的に、筋肉痛の発生を完全に予防するわけではありませんが、適切なストレッチは筋肉痛の程度を軽減する可能性があるとされています。ただし、その効果は個人差があり、状況によって異なることに注意が必要です。
適切なストレッチが筋肉痛の軽減に寄与する方法について、以下に説明します。

血流の促進: ストレッチを行うことで血流が増加し、筋肉に十分な酸素と栄養が供給されるため、修復や回復が助けられます。これにより、筋肉痛の程度が軽減される可能性があります。

筋肉の柔軟性向上: ストレッチは筋肉の柔軟性を向上させるのに役立ちます。柔軟性が高まると、運動やトレーニング時に筋肉にかかる負荷が均等に分散され、急激な緊張を防ぐ助けになることがあります。これにより、筋肉痛の発生を抑えることができるかもしれません。

トレーニング前の準備: トレーニング前にストレッチを行うことで、筋肉を準備し、動きや運動のパフォーマンスを向上させることができます。これにより、急激な運動による筋肉のストレスを軽減し、筋肉痛の発生を減少させる可能性があります。

ただし、過度なストレッチや無理な動きは逆効果となることもあります。ストレッチはゆっくりと行い、痛みを感じるようであれば無理に行わないように注意してください。また、筋肉痛が既に発生している場合に行うストレッチも、慎重に行う必要があります。
総括すると、適切なストレッチは筋肉痛の軽減や予防に一定の効果を持つ可能性がありますが、個人差が大きいため、自身の体の反応を注意深く観察しながら行うことが大切です。また、筋肉痛の予防や軽減には十分なウォームアップやクールダウン、適切なトレーニングプログラムの選択も重要です。

まとめ

足を揉み解す女性

ここまでの筋肉痛についての内容をまとめました。

筋肉痛は、新しい運動やトレーニングを行ったり、強度を増したりする際に生じる、微細な筋肉のダメージに起因する過程です。以下に筋肉痛に関する重要なポイントをまとめました。

発生原因: 筋肉痛は、筋肉が新しい刺激に適応し、成長・修復するために微細なダメージが生じる際に発生します。

痛みの特徴: 筋肉痛は、通常24〜72時間以内に発生し、痛みや違和感、緊張感を伴います。痛みの程度は個人差があります。

適切なリカバリー: 筋肉痛の際は、休息と適切なリカバリーを確保することが重要です。十分な睡眠や栄養を摂ることで、筋肉の修復と成長を支援します。

軽い運動とストレッチ: 軽い運動やストレッチを行うことで、血流が促進され、筋肉痛の軽減が期待できます。ただし、無理な負荷や動きは避けましょう。

継続的なトレーニング: 筋肉痛が治まったら、継続的なトレーニングを行うことで、筋肉の成長と適応を促進できます。

痛みに注意: 強烈な痛みや長期間続く筋肉痛がある場合は、医師に相談することを検討しましょう。怪我の可能性や他の健康問題を排除するためです。

個人差と注意: 筋肉痛の感じ方や症状は個人差が大きいため、無理なトレーニングやストレッチは避けるようにし、自身の体の反応を注意深く観察しましょう。

総じて言えることは、適切なトレーニングとリカバリーのバランスを保つことが大切であり、無理な運動やストレッチを避けることで、健康的なトレーニング習慣を築くことができます。

パーソナルジムSAKURAではお客様の体や食生活に合わせた栄養指導を行なっております、大阪府堺市堺区でダイエットやボディメイクにお困りでパーソナルジムをお探しの方はぜひ一度体験パーソナルトレーニングなどご相談くださいませ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事