体験はこちらから 090-3271-3633
ダイエットやボディメイクについてのブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ボディメイク
  4. 筋トレやボディメイクにアルコールはNG??

筋トレやボディメイクにアルコールはNG??

筋トレ・ボディメイクにおけるアルコールとの関係

トレーニングをした日のアルコール摂取は筋肉増強に大きな負担をかけてしまいます。
できることならトレーニング日はお酒を控えるか、ちょっとしたコツを使って上手くお酒と付き合うことが大切です。

ボディメイクにとってアルコール摂取はデメリット??

ダイエットやボディメイク中でアルコールを摂取すると下記のようなデメリットがあります。

・脱水症状
・暴飲暴食
・テストステロンの減少
・脂質を体に溜め込んでしまう

脱水症状

脱水症状は、血液の流れを悪化させるため、必要な栄養素が必要な所に届きずらくなります。その結果、筋トレによって傷ついた筋組織を修復するために必要な栄養素を運び辛くなってしまいます。

暴飲暴食

お酒を飲むと、食欲をコントロールするレプチンというホルモンの分泌が減少するといわれています。
レプチンの減少により、暴飲暴食に歯止めが効かず、ついつい食べ過ぎてしまいます。

テストステロンの減少

筋肉に欠かせないテストステロンの分泌がアルコールの消費量によって減少すると言われています。
減少したテストステロンが正常に戻るまでにかかる時間は36時間かかると言われています。
その間はタンパク質の合成能力も低下してしまいます。

脂質を体に溜め込んでしまう

アルコールの摂取により、アルコール代謝が優先され、糖と脂質が体内に蓄積されるようになり、肥満の原因となりやすくなります。

アルコールを飲まない・飲みすぎないように対策を取る

アルコール対策は数多くありますが個人的におすすめな方法を紹介させていただきます。

・水分を細かく多めに取る
・飲酒前にタンパク質、炭水化物を補給する
・サプリメントの活用

水分を細かく多めに取る

喉の渇きを起こさせないために水分を細かく多めに取る方法です。
アルコールは脱水症状を起こしやすいので水分摂取が大事になります。

飲酒前にタンパク質、炭水化物を補給する

運動後の体は、タンパク質の合成を促進するために、タンパク質を必要とし、グリコーゲンの貯蔵を増加させるために炭水化物を必要とします。
アルコールの分解にタンパク質が利用されるため普段より多めに摂取することを心がけましょう。

サプリメントの活用

現在は、ウコンやシジミ、肝臓水解物など、たくさんの種類のアルコールケア飲料やサプリメントが売られています。その中でもアルコール分解に関わる栄養素を補給していくことが大切です。
アルコール分解にはアルコール分解酵素やアセトアルデヒド分解酵素、これら酵素の働きをサポートするビタミンミネラルなどがあります。

まとめ

お酒は飲まないに越したことは無いですが、どうしても飲みたい!どうしても飲まなければいけない!という時があります。
そのような時に上記のものをうまく活用していきましょう!

パーソナルジムSAKURAではお客様の体や食生活に合わせた栄養指導を行なっております、大阪市堺市堺区でダイエットやボディメイクにお困りでパーソナルジムをお探しの方はぜひ一度体験パーソナルトレーニングなどご相談くださいませ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事