体験はこちらから 090-3271-3633
ダイエットやボディメイクについてのブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ダイエット
  4. ダイエット時にオススメのタンパク質(肉編)
ダイエット時におすすめの食事

ダイエット時にオススメのタンパク質(肉編)

こんにちは!
堺市堺区のパーソナルジムSAKURAのブログへようこそ!
今回はダイエット時にオススメな脂質の低い肉について解説したいます。
是非最後まで読んでコメントお願いします!

ダイエット時の食事における基礎知識

ダイエットは食事や運動を行い、消費カロリーと摂取カロリーを調整することで体重を減らしていきます。 
食事と運動はどちらも大切ですが本日は食事(タンパク質摂取)についてお話ししていきます。
下記にダイエット時の食事のポイントをまとめたのでご覧ください。

カロリー摂取量の管理: ダイエットの基本は摂取カロリーを制限することです。自身の身体状況や目標に合わせた適切なカロリー摂取量を設定しましょう。カロリー計算や栄養情報を参考にしながら、食事の量や内容を調整します。

バランスの取れた食事: 食事は栄養バランスが重要です。主食、タンパク質、野菜、果物などをバランスよく摂ることを心がけましょう。食事のバリエーションを豊富にすることも大切です。

高繊維食品の摂取: 食物繊維を多く含む野菜、果物、全粒穀物などを積極的に摂取しましょう。食物繊維は満腹感を与えてくれるため、食事の量を減らす助けとなります。

適切な水分摂取: 水分は代謝を促進し、満腹感を与える効果もあります。適度な水分摂取を心がけましょう。ただし、カロリーを抑えるために甘い飲み物やアルコールは控えるようにしましょう。

食事の記録: 食事の内容を記録することで、自身の摂取カロリーや栄養バランスを把握しやすくなります。食事の記録を通じて、自身の食習慣や改善点を見つけることができます。

食事の準備と調理方法: 自炊や食事の準備をすることで、食事の内容やカロリーをコントロールしやすくなります。また、調理方法によってもカロリーの摂取量は変わるため、低脂肪で調理することを心がけましょう。

小さな食事頻度: 大量の食事を一度に摂るのではなく、1日に複数回の小さな食事に分けると、満腹感を保ちながらカロリーを制限しやすくなります。

上記にもあるように何を食べるかも大切ですが調理方法も外せないポイントとなります。
オススメの調理方法は「蒸す」「茹でる」です。食材を蒸したり茹でたりすることで、余分な脂質を減らすことができます。蒸し器や鍋を使って調理し、栄養素を逃さないようにしましょう。

ダイエット時にも摂取したい栄養素

ダイエット中には、以下の栄養素を適切なバランスで摂取することが重要です。

タンパク質:筋肉の構成要素であり、満腹感を与える効果もあります。魚、鶏肉、豆類、大豆製品などが良いタンパク質の源です。

炭水化物:エネルギー源として重要ですが、適度な量と質に注意が必要です。野菜、果物、全粒穀物などの食物繊維を含む炭水化物を選ぶと良いでしょう。

脂質:健康な脂質を摂取することも重要です。オメガ-3脂肪酸を含む魚やナッツ、アボカドなどの健康的な脂質を選びましょう。ただし、高カロリーなので摂取量には注意が必要です。

食物繊維:満腹感を与え、腸の健康をサポートします。野菜、果物、穀物などに多く含まれています。

ビタミンとミネラル:バランスの取れた食事に含まれる様々な食品から摂取しましょう。野菜、果物、魚、肉、乳製品などに含まれています。

水分:適切な水分摂取も重要です。水分は代謝を促進し、体内の老廃物を排出する役割を果たします。十分な水分を摂ることを心がけましょう。

バランスの取れた食事を心がけ、必要な栄養素を摂取することが健康的なダイエットの基本です。個々の体質や目標に合わせて、栄養バランスを考慮した食事プランを作りましょう。

ダイエット時にオススメのお肉(タンパク質)

ダイエット中でも、タンパク質を適切な量摂取することは重要です。タンパク質は筋肉の構成要素であり、代謝を高める助けとなるため、健康的なダイエットにおいて欠かせない栄養素です。
以下に、ダイエット中におすすめのタンパク源の肉をいくつか紹介します。

鶏胸肉:鶏胸肉は低脂肪で高タンパク質な食材です。脂肪の少ない部位を選ぶことで、満腹感を得ながらカロリーを抑えることができます。焼き鳥やグリルなどさまざまな調理法で食べることができます。

ささみ:ささみも鶏胸肉同様、低脂肪で高タンパク質な部位です。さっぱりとした食感であり、サラダや炒め物などに利用することができます。

ターキー(七面鳥)肉:ターキー肉は鶏肉に比べてさらに低脂肪な選択肢です。ターキーブレストなどの脂肪の少ない部位を選ぶと、健康的なタンパク源として利用できます。

豚ヒレ肉:豚ヒレ肉は脂肪が少なく、タンパク質が豊富な部位です。適切な調理方法で調理することで、美味しく食べることができます。

牛ヒレ肉:牛ヒレ肉も脂肪が少なく、タンパク質が豊富な部位です。焼肉やステーキとして楽しむことができますが、適度な量を守ることが重要です。

ダイエット中でも、肉を適切な量でバランスよく摂取することが大切です。また、調理方法によってもカロリーの摂取量は異なるため、低脂肪(蒸す、茹でる)で調理することを心がけましょう。ダイエットにおける食事全体のバランスを考えながら、適度な量の肉を摂取することが理想的です。

脂質の多い肉の種類と部位

脂質が比較的高いとされる肉の種類と部位を上から順に並べました。

1.牛肉: 牛の肉には、脂肪が豊富に含まれている部位があります。例えば、リブロースやサーロインなどのステーキ部位には、マーブリング(霜降り)が多く、濃厚な風味と柔らかな食感を提供します。

2.豚肉: 豚の肉にも脂肪が含まれており、特にバラ肉やロース肉の一部は脂質が豊富です。バラ肉はしっとりとした食感と風味をもち、ロース肉にはマーブリングが見られることがあります。

3.鶏肉: 鶏肉の中でも、皮を含む部分には脂肪が多く含まれています。特にもも肉や鶏の胸肉の皮は脂質が比較的高く、風味豊かな料理に利用されます。

4.鴨肉: 鴨肉は鶏肉と比べて脂肪の含有量が高く、しっとりとした食感と濃厚な風味を持っています。特に鴨の皮は脂質が豊富です。

これらの肉は、脂質の量と質が異なるため、調理方法や部位の選択によって脂質の摂取量を調整することができますが、ダイエット時にはできる限り避けたいお肉となります。

まとめ

ダイエット時はできる限り低脂質の肉を選択し、調理方法は蒸す、茹でるをメインに行いましょう。
以下に脂質の低いオススメの肉と、脂質の高い肉をまとめました。

脂質の低い肉

・ささみ
・ターキー(七面鳥)
・豚ヒレ肉
・牛ヒレ肉

脂質の多い肉

・牛肉(リブロース、サーロイン)
・豚肉(バラ、ロース)
・鶏肉(モモやムネの皮)
・鴨肉(皮)

基本は脂質の低い肉を選択し、脂質の高い肉はチートデイの時に摂取するようにしましょう。
パーソナルジムSAKURAではお客様の体や食生活に合わせた栄養指導を行なっております、大阪市堺市堺区でダイエットやボディメイクにお困りでパーソナルジムをお探しの方はぜひ一度体験パーソナルトレーニングなどご相談くださいませ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事